ウェディングドレスをレンタルで利用することによるメリットをご紹介

レンタルしたウェディングドレスをもしも汚したり破損してしまったら

キスをする

ウェディングドレスのレンタルをする場合、ドレスや装飾小物のレンタル料だけで終わらない場合があります。結婚式が終了しお返しするときにウェディングドレスを著しく汚してしまったり、破損してしまった場合かかってしまう料金です。あり得ない事ではなく、そんなはずではなかったということのないように気をつけておきたいポイントを押さえておきましょう。ドレスを汚してしまうのは、例えば乾杯の時、食事でソースなどをこぼしてしまった時、ファーストバイトでケーキの生クリームがついてしまった時など、意外と汚す危険のあるシーンが多いものです。

レンタルしたウェディングドレスを破損する危険性もあります。例えばキャンドルサービスでロウソクのロウを垂らしてしまったりちょっとした焦げ目を作ってしまったり。さらに、長いドレスの裾を新郎がうっかり踏んで破ってしまうということもあり得ます。オプションで付けた長いトレーンは見栄えはするものの、引きずって歩くことになるので、移動時には介添人などに裾を持ってもらわないと汚損しやすいことは否めません。

大半のウェディングドレスのレンタル店での対応は、クリーニングで簡単に落ちるレベルの汚れなら別途クリーニング代の請求はないようです。そもそも、レンタル料金の中にクリーニング代金も含めているお店が多いためでしょう。ただし普通のクリーニングでは落とすことが難しい汚れになると、もはや破ってしまった時のように損壊扱いになる危険はあります。どこかにうっかりひっかけて破ってしまったような場合にはクリーニング代では効きませんから補償の必要が出るでしょう。たいていのレンタル店では、こういった事態に備えて10,000円ほどのウェディングドレスの補償制度に入るかどうかを聞かれます。結婚式でドレスを着用する時間の長さや状況を想定して危険に備えて入っておくという選択肢もあります。何事もなければよいのですが万が一の時には助けになるでしょう。

RECENT POSTS

レンタルしたウェディングドレスをもしも汚したり破損してしまったら

キスをする

ウェディングドレスのレンタルをする場合、ドレスや装飾小物のレンタル料だけで終わらない場合があります。結婚式が終了しお返しするときにウェディング…

もっと読む

ウェディングドレスは候補多彩なオンラインレンタル業者で選ぼう

花を持った女性

身近な店舗を探してもラインナップが少なく、どうしてもお気に入りのウェディングドレスが見付からない・・・そんな風に嘆いているなら実店舗では無く、…

もっと読む

賢くウェディングドレスをレンタルする方法

湖と花嫁

従来では結婚式のウェディングドレスをプランナーに任せてしまったり、近くの貸衣装店でのレンタルで適当に済ませてしまっていたという方も多いでしょう…

もっと読む

ウェディングドレスをレンタルできる通販サイト

ブーケを持つ

これまではウェディングドレスを選ぶ際に、店舗に用意されているものの中から選ぶスタイルが多くありました。しかし、この方法ですとどうしても限られた…

もっと読む